宴会成功のポイント

ホテルなどの宴会場でのマナー

ホテルなどの宴会場でのマナー

ホテルなどの宴会場でのマナー 宴会場のマナーは、まず初めに約束の時間よりも早めに到着していることが大切です。
テーブルの座り方は、偉い人から奥に座ることになっているので、新人なのに奥に座るのはタブーとされています。
目上の人とビールを乾杯するときは、上へ上へとグラスを持ってはいけません。
上へ上へと持ってしまうと、自分の方が立場で上だと意味になってしまうので十分気をつけないといけません。
宴会場でのマナーは、新人が上司にビールや飲み物を注ぐことになります。
グラスの残量を気にし、適度に動いて注ぐことで、関係が円滑に保たれます。
なお、お酒が飲めない人や体調がすぐれない人も中にはいるので気を使って注ぐのが一番大切です。
飲み物の注ぎ方も残り少ないものから注いではいけません。
なるべく封が空いていて、多いものから注ぐのがマナーとされています。
上司に対しては何が何でも下手に出て様子を伺うのが新人の役目というものです。
だんだん上の立場になると今度は気を使われる側に回ります。

ホテルの宴会場の仕事内容

ホテルの宴会場の仕事内容 大きなホテルだと宴会場があるところで、よくパーティーがあります。
結婚式の披露宴だったり忘年会や新年会に使われます。
ここではよく派遣スタッフが働いています。
仕事内容は主に配膳です。
宴会場でウェイトレスの役割をします。
お客様に料理を出したり、食べ終わったお皿やコップを洗い場に持って行きます。
パーティーによってはお酒を注いで回ることもあります。
時間内に、すべてのお客様へ平等に料理をお出しするため、チームの連携が欠かせません。
特に何百人規模の宴会だとリーダーやサブリーダーが存在し、その人達の指揮に従いながら仕事を進めていきます。
自分の持ち場をあらかじめ決められ、基本的にはそこのテーブルの配膳サービスを行います。
初めてだと慣れない給仕でお酒をこぼしてしまったりお皿を割ったりすることもあるかもしれません。
そんな時はリーダーがフォローしてくれるので心配ありません。
慣れてくれば素早く正確に動けるようになります。



copyright (C) 2016 宴会成功のポイント. All Reserved.