宴会成功のポイント

ホテルの宴会場で働くメリット

ホテルの宴会場で働くメリットとは?

ホテルの宴会場で働くメリット ホテルの宴会場で働くメリットとしてまず挙げられるのは、賃金が高めだということです。
それは体力的にきつい仕事であることが主な理由ですが、効率よく稼ぎたいという方にはおすすめの仕事です。
また、マナーや気配りを学ぶことができます。
宴会場の、宴会中の仕事はドリンクを運んだり、料理を取り分けたり、空になった皿を片付けるといったものです。
お客さんが食べ物を食べ終えたタイミングを見計らって皿を下げたり、飲み物がなくなったタイミングで注ぎ足すなど、常に「お客さんが何を求めているのか」考えて行動することになります。
皿を片付けるタイミングひとつ取っても、片付けが遅れるのはもちろん良くありませんし、かと言って食べ終えた直後すぐに下げるとお客さんは見張られているような、急かされているような居心地の悪さを感じてしまいます。
このため、絶妙なタイミングで片付けるのは難しいのです。
逆に言えばホテルの宴会場でしっかり働くことができれば、どんな職場でも重宝されるはずです。

宴会場の知っておきたいマナーについて

宴会場の知っておきたいマナーについて 忘年会や新年会などで、ホテルや旅館の宴会場を使う機会は意外と多いものです。
宴会場でも守るべきマナーはあります。
マナーを守らなければ、その場の雰囲気も台無しになりかねませんし、下手すると社内評価に響くかもしれませんので、気を付けましょう。
まずは席次。
どこにでも座っていいのではなく、上座、下座があります。
出入口から遠いところほど上座となり、近いところは下座です。
部下や新卒は下座につきましょう。
また、お酌は下の者から目上の者にします。
とっくりやビール瓶を片手でもって注いではいけません。
もう一方の手を添えて、両手で注ぎましょう。
またビールはラベルを上にして、隠さないように持ちます。
乾杯の際も、先輩や上司とする際は、コップを少し低めにします。
それから気を付けたいのは服装です。
デニムなどカジュアル過ぎる恰好や、女性の場合あまり短いスカートや胸元が大きくあいているなどの露出の高い服装は避けましょう。
派手すぎず、清潔感のある落ち着いた服装がよいでしょう。



copyright (C) 2016 宴会成功のポイント. All Reserved.